日本新劇俳優協会

勉強会のお知らせ

勉強会のお知らせ


★ 「声とことばのリフレッシュ講座」

 俳優同士が交流し学び合う場として、2010年より始まった会員有志による勉強会です。

 頭の中を日常から解放し、声を出すための身体を呼びさまし、母音の発声、ことばの発声へ。

 ベテランも若手も、所属・フリーの枠を超えて和気藹々と交流しています。
 一度きりでも、継続しての参加でも、都合のよい時だけの参加でも。いつでもだれでも参加できる、出会いと交流を大切にした自由な会です。

 継続していらしてる方が一様に、初参加の時は勇気がいったとおっしゃいます。初めての方も、どうぞお気軽に第一歩を踏み出してご参加下さい。

 会員からの紹介があれば、会員以外の方の参加も歓迎致します。各回共、20名ほどの定員を考えておりますが、大幅に超えない限り参加可能ですので、まずは事務局までお問い合わせ下さい。


 <日時>
   9月9日(土)
      各回14時~16時
   

 <会場>
    みらい館大明(豊島区池袋3-30-8)

 <講師>       
    飯原道代(当協会会員)

 <参加費>
    1000円 
    ※手足の伸ばせる楽な服装でご参加下さい

 <お申込・お問合せ>
    当協会事務局まで 




日本新劇俳優協会
ロゴ100

PageTop

日本新劇俳優協会フェスティバル 2017 出演者募集!!

日本新劇俳優協会フェスティバル 2017
出演者募集!!


 
 昨年開催し好評いただきました『日本新劇俳優協会フェスティバル』を、今年も二日間に亘って開催いたします。
 
『日本新劇俳優協会フェスティバル』 
<日時> 2017年12月18日(月)・19日(火)
<会場> ブレヒトの芝居小屋
<内容> 1 会員応募による作品発表  ※出演者募集!(先着7組まで)
     2 協会企画作品の上演  ※出演者募集!
      鵜澤秀行さん構成・演出による立体朗読
     3 お話を聞く会 ゲスト/未定(決定次第お知らせします)
     4 懇親会
 
※上記1、2についての出演者を募集いたします!
 1 は、会員応募による作品発表の場とし、観客の投票により優秀作品を選ぶ観客賞を設けます。       
 2 は、当協会専務理事の鵜澤秀行さん構成・演出で、数回の稽古期間を経て上演となります。
 両作品共に、下記の募集要項を確認の上、是非ご応募ください!
        



          
★募集要項★
※ 〆切 9月30日 (募集1は、先着7組に達しましたら締め切りとなります。)
※ 両作品発表共に、ご応募は会員のみとし、出演料はございません
 

<募集1> 会員応募者による作品発表への出場者
       先着7組 定員になり次第締切り(最終締切りは9月30日)
 ○ 上演日 18日もしくは19日で1ステージ(10月上旬に決定)
 ○ 発表作品は自由(15分以内)
  ・朗読、ドラマリーディング、芝居など
 ○ 個人またはグループでの参加可能
   (グループの場合は、代表者がご連絡ください)
 ○ こちらの募集は、先着7組に達しましたら締め切りとなります。
        
→ 氏名(グループの場合は全員)、作品名・作者名、上演テキスト(上演時間)、ご連絡先を明記(A4サイズ1枚に書式自由)のうえ、
郵送・FAXまたはメールにてお申し込みください。
        
    ※こちらからもお申込みできます → 出演者お申込みフォーム
        
        
<募集2> 協会企画作品への出演者
        締切り 9月30日(応募者多数の場合は選考有り)
  鵜澤秀行さん構成・演出による立体朗読
     永井荷風の作品を予定
 ○ 上演日 18日・19日 ※2ステージ 17日は準備、GP
 ○ 稽古に参加可能の方
    稽古は11月数回と12月に集中稽古を予定。
 ○ 応募多数の場合、選考有り
 ○ 衣装・小道具など自前のものをご使用いただいたり、
   舞台準備などでお手伝いをお願いすることがあります。
 
→ プロフィール・志望理由・特技(歌・三味線・ギター等)・ご連絡先を明記(A4サイズ1枚に書式自由)のうえ、郵送・FAXまたはメールにてお申し込みください。
 
    ※こちらからもお申込みできます → 出演者お申込みフォーム
 
 
 
 
■ 2の協会企画作品について
 立体朗読の上演(永井荷風の作品を予定)
   構成・演出  鵜澤秀行(文学座)
 俳優芸術の基本である言葉と身体について考え、具体的に語って動くことを稽古の基本とし、出演者の皆さんのアイデアを集約して、楽しい稽古場にしたいと思っております。題材としては、敢えて戯曲ではなく、永井荷風の短編小説を声と身体を使って立体化して、上演することを考えています。
 
 
■ 鵜澤秀行さん ~プロフィール~
 日本大学芸術学部卒業後、文学座研究所を経て文学座所属。日本新劇俳優協会専務理事。
演出 / 「越前竹人形」「トロイラスとクレシダ」「お気に召すまま」「不幸/一周忌」 など
出演 / 「王様は白く思想する」(文学座アトリエの会)、「それは白い山でなく」(日本大学芸術学部演劇科実習公演)、「不幸」(久保田万太郎の世界・下町演劇祭)、「家を出た」「上野動物園再々々襲撃」 「僕の東京日記」「袴垂れは何処だ」(文学座研究所発表会) など
 
 
<お申込み・お問合せは事務局まで>


日本新劇俳優協会
ロゴ100

PageTop

桜隊原爆忌 原爆殉難者追悼会 のお知らせ

被爆72年 桜隊原爆忌 原爆殉難者追悼会 のお知らせ

 
★ 桜隊原爆忌 原爆殉難者追悼会のお知らせ ★
 
 
桜隊原爆忌の会主催で、今年も桜隊原爆殉難者追悼会が行われます。 移動演劇隊「桜隊」は、1945年8月6日広島県内を巡演中に爆心地から750mの宿舎で被爆し居合わせた9名全員の命を奪われました。 メンバーには、存命であれば戦後の演劇界を大きく変えたであろうといわれる名優丸山定夫、元宝塚スターで「映画無法松の一生」で全国のファンを魅了した園井恵子、裸体にシーツをまとい避難列車で帰郷し東大病院へ入院し原爆症一号患者として亡くなった仲みどりなど、我々新劇界の先人となる俳優たちがいました。 戦後、徳川夢声氏の呼びかけで、多くの関係者の協力により目黒の五百羅漢寺に「桜隊原爆殉難碑」が建立され、今日まで毎年8月6日に「移動演劇・桜隊原爆忌」として追悼会を催しております。
 
 
 
『桜隊原爆殉難者追悼会』
 
◎日時  2017年8月6日(日) 10時00分~14時30分
       10時00分~ 碑前祭
       10時40分~ 追悼会
       13時00分~ 懇親会
 
◎会場  目黒 五百羅漢寺
      目黒区下目黒3-20-11 03-3792-6751
◎参加費 3000円
 高校生以下 1000円
 
 
お問い合わせ・お申し込みは、桜隊原爆忌の会世話人事務局 まで
   中央区日本橋小網町18-16-701 Tel 03-3667-1890 Fax03-3667-1891
   http://www.photo-make.jp/sakura.html
 


日本新劇俳優協会
ロゴ100

PageTop

観劇のお知らせ 8月

観劇のお知らせ8月


○青年座
 03-5478-8571

 「旗を高く掲げよ」
  作:古川健
  演出:黒岩亮

  @青年座劇場 
  7/28、8/1  19:00〜



○東演
 03-3419-2871

 朗読劇 「月光の夏」
  原作・脚本:毛利恒之
  演出:鈴木宗一郎・原田一樹

  @成城ホール
  8/14  14:00〜
  8/15  12:00〜



○東京芸術座
 03-3997-4341

 「父を騙す ー72年目の遺言ー」
  原案:安保健
  作・演出:北原章彦

  @紀伊國屋ホール
  8/15、16  19:00〜



○東京演劇集団 風
 03-3363-3261

 「バールの賛歌 〜バールを愛した女」
  原作:ベルトルト・ブレヒト
  演出:浅野佳成

  @レパートリーシアターKAZE
  8/28、29、30  19:00〜



○テアトル・エコー
 03-5466-3321

 「八月の人魚たち」
  作: J.ジョーンズ・N.ホープ・J.ウーテン
  演出: 酒井洋子

  @恵比寿・エコー劇場
  8/31     14:00〜
  8/29、9/1  19:00〜






※以上の公演(上記日程に限り)は、各劇団のご好意により無料観劇出来ます。早めに必ず劇団制作部へ連絡の上、2017年度の会員手帳(写真付き)を提示してご観劇下さい。尚、満員もしくは定員に達した場合は観劇できませんので予めご了承ください。


日本新劇俳優協会
ロゴ100

PageTop

文化庁「平成30年度新進芸術家海外研修制度(長期研修)」の募集

★ 文化庁「平成30年度新進芸術家海外研修制度(長期研修)」の募集 ★

 

 文化庁では、我が国の将来の文化芸術の振興を担う人材を育成するため、各分野の若手芸術家等に、 海外で実践的な研修に従事する機会を提供し、研修する際の渡航費・滞在費を支援しています。平成30年度 新進芸術家海外研修制度への応募は、各芸術団体または文化庁のいずれかに提出でき、当協会でも受付けています。

 詳細は、下記文化庁のウェブサイトでご確認ください。

http://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/h30_shinshin_choki.html

 


 ※ 日本新劇俳優協会に書類を提出される際は、まず当協会へお電話でお問い合わせの上、封書に「文化庁 平成30年度新進芸術家海外研修制度 申込書在中」と記し、下記までご送付ください。

 

   【電話】 日本新劇俳優協会  03-3746-8707

   【送付先】日本新劇俳優協会
          〒106-0032 東京都港区六本木4-9-2 俳優座ビル504

   【提出期限】 2017年8月4日(金)消印有効

 

※ 文化庁、当協会のいずれに提出いただいても,審査の評価に全く違いはありません。

※ 団体に提出される場合であっても,提出締切日は変わりませんので,提出期限を厳守してください。


日本新劇俳優協会
ロゴ100

PageTop