日本新劇俳優協会

桜隊原爆忌 原爆殉難者追悼会 のお知らせ

【桜隊原爆忌 原爆殉難者追悼会のお知らせ】


桜隊原爆忌の会主催で、今年も桜隊原爆殉難者追悼会が行われます。


移動演劇隊「桜隊」は、1945年8月6日広島県内を巡演中に爆心地から750mの宿舎で被爆し居合わせた9名全員の命を奪われました。

メンバーには、存命であれば戦後の演劇界を大きく変えたであろうといわれる名優丸山定夫、元宝塚スターで「映画無法松の一生」で全国のファンを魅了した園井恵子、裸体にシーツをまとい避難列車で帰郷し東大病院へ入院し原爆症一号患者として亡くなった仲みどりなど、我々新劇界の先人となる俳優たちがいました。

戦後、徳川夢声氏の呼びかけで、多くの関係者の協力により目黒の五百羅漢寺に「桜隊原爆殉難碑」が建立され、今日まで毎年8月6日に「移動演劇・桜隊原爆忌」として追悼会を催しております。



『桜隊原爆殉難者追悼会』

 ◎日時  2014年8月6日(水) 10時30分〜15時
        10時30分〜 碑前祭、記念撮影
        11時15分〜 歓談、食事
        12時〜    追悼会
 ◎会場  目黒 五百羅漢寺
       目黒区下目黒3-20-11 03-3792-6751
 ◎参加費 3000円・高校生以下は1000円

 ●司会  浦吉ゆか
 ●挨拶  桜隊原爆忌の会会長 神山寛
 ●朗読  「仲みどりの生涯とそのカルテの行方」
       出演/武田光太郎・中島文世・福原美佳・森尻斗南
 ●報告  「仲みどりのカルテ発見まで」
       朝日新聞社専門記者 大岩ゆり

 お問い合わせ・お申し込みは、桜隊原爆忌の会世話人事務局 まで
   中央区日本橋小網町18-16-701 Tel 03-3667-1890 Fax03-3667-1891
   http://www.photo-make.jp/sakura.html



チラシをご所望の方は、事務局までお知らせ下さい。






スポンサーサイト

PageTop

文化庁「平成27年度新進芸術家海外研修制度」の募集について


文化庁「平成27年度新進芸術家海外研修制度」の募集について


 文化庁では、我が国の将来の文化芸術の振興を担う人材を育成するため、各分野の若手芸術家等に、 海外で実践的な研修に従事する機会を提供し、研修する際の渡航費・滞在費を支援しています。平成27年度 新進芸術家海外研修制度への応募は、各芸術団体または文化庁のいずれかに提出でき、当協会でも受付けています。 当協会を通して提出される場合と,文化庁に直接提出される場合では,締切日が異なりますのでご注意下さい。


 詳細は、下記文化庁のウェブサイトでご確認ください。
http://www.bunka.go.jp/geijutsu_bunka/05kenshu/h27_shinshin.html



 ※ 日本新劇俳優協会に書類を提出される際は、まず当協会へお電話でお問い合わせの上、封書に「文化庁 平成27年度新進芸術家海外研修制度 申込書在中」と記し、下記までご送付ください。


   【電話】 日本新劇俳優協会  03-3746-8707
   【送付先】日本新劇俳優協会
          〒106-0032 東京都港区六本木4-9-2 俳優座ビル504
   【締切】 2014年7月31日(木)日本新劇俳優協会に書類を提出される際の締め切り日です。



PageTop